村タイトル

『仲間よ、お前に十字架の炭でしるしをつける
我が秘密団のしるしをつける』

復活祭の夜に森の中に響く声。
2人ずつ組になり、焚き火から拾った炭でお互いの額へと図形を描く。
図形の持つ真の意味も知らず、ただ図形の力のみを求めて。

村の概要

  • 開演場所:人狼物語 ─幻夢─
  • 種別:完全RP村(勝敗度外視・ガチ禁止)
  • キャラセット:星影セット
  • 募集人数:10〜16名(ダミーあり)
  • 進行:48時間 状況によりコミット進行もあり
  • 発言制限:多弁(1500pt・36act/1日)
  • 文章:人狼物語 幻夢
  • 編成:占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2-3 C狂1 残りは聖痕者 
  • アンデッド:ON
  • 閲覧制限:
  • 更新時刻:
  • 開始予定:1月〜2月

参加CO

Noお名前自己紹介など
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10

舞台及び基本設定

舞台は中世くらいのヨーロッパのいずこか。
片田舎にある私塾。
そこでは、農耕や牧畜の傍ら身寄りのない子供をひきとり
文字その他を教えている。
・・・表向きは

復活祭の夜に行われる儀式めいた風習により、生徒たちは一晩を外で過ごします。
先輩と新入生は2人1組になり、森の中で野宿をし、焚き火の炭で額に印をつける。
この印こそが私塾の正式な一員の証。

印から与えられる力は強力で1年の間、日の出から日の入りまで限定ですが
いかなる重労働をしようとも疲労を感じることはなく、老化することもなくなります。
そして最も大きな力は魔法の素質を与えてくれること。
印を得たその時から週に1度行われる魔法の授業に参加し、魔法を行使できるようになります。

役職設定

  • 狼側設定
  • 村側設定
  • 妖狐側設定

吊り・襲撃・墓下関係

進行関係

プロローグ

1日目

2日目

3日目以降

エピローグ


開始日アンケ

選択肢 投票
月前半 0  
月後半 0  
月前半 0  
月後半 0  
月以降 0  
月以降 0  
いつでもOK 0  

質問その他

疑問点などありましたら、こちらへ。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 新規下位 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-12 (月) 12:04:39 (2489d)